あやふや日記

40代女性のあやふや日記。たまにイラストや漫画とかのせてます。

私的名言

こんにちは、泉 皐月です。

 

 

今回は私がグッと胸に来た名言を紹介したいと思います。

 

 

それは『暮しの手帖 93 4-5月号』の「暮しのヒント集」という1〜19までの普段の生活では中々気づかないこと、改めて暮しの大切さに気づかされること、日常で忘れてしまった大事な気持ち等を綴ったさりげないヒント集です。

 

暮しの手帖 2018年 04月号 [雑誌]

価格:925円
(2018/4/17 14:17時点)
感想(1件)

 

 その中でも特に私が気に入ったヒントを挙げていきますね。

 

 

・1つめのヒント

 

4:映画を見たり本を読んだりしたら、メモをとり、感想を人に話してみましょう。ぼんやりと思っているだけでなく、ちゃんと言葉にすると、深く心に残ります。

              (引用:暮しの手帖93 4-5月号 「暮しのヒント集」より)

 

 

映画でも本でも観劇でもライブでも「良かった」、「面白かった」等の簡単な言葉はすんなり口からでるけど、その他の言葉が出ない時に、このヒントはいい、使えるなと。

ほら、頭では色々な感想が詰まっているけど、いざ口に出してみようとしても上手く言葉にならずに、しどろもどろなっちゃって結局「で、何がいいたいの⁈」という結果になってしまう。そんな口ベタな人にとって有効ですね。メモやノートに書いて、整理して、それから話してみる。これなら上手く伝えられそうです。

 

 

・2つめのヒント

 

8:家族でも友人でも 、干渉し過ぎないよう、適度な距離を保ちましょう。ただし、「助けて」と言われたときは誰よりも親身になって、その人の力になりましょう。

             (引用:暮しの手帖93 4-5月号 「暮しのヒント集」より)

 

 

どんな人間関係であれ、ズカズカと土足で人の領域に入っていってはいけません。また相談してもないのに余計なお世話をやくのは絶対に止したほうが良いです。トラブルの元になりますよ。美輪明宏さんも「家族であれ友人であれ腹六分の付き合いが良い」と仰っております。でしゃばって相談されてもない他人の悩みを解決してやろうなんてことはやめたほうがいいですよ。されてから力になってあげてください…。

 

 

以上、泉 皐月でした。

 

 

初めて当ブログに寄せられたコメントが記事とは関係ないものでした

こんにちは、泉 皐月です。

 

 

実はこの間、初めてコメントを頂いたんですよ。下記の2つの記事に同時にコメントが寄せられたんです⇩

 

 

www.satsuki-ayahuya.com

 

 

 

いwww.satsuki-ayahuya.com

 

 

「おお!初コメントだわ。嬉しいなー。外国からだわー」と目を通してみたら、あれ?何かURLが貼ってあるのでクリックしてみたらバイアグラ販売のページに!!!英語が全くできない私でもわかりましたよ…。

 

どちらの記事にもバイアグラなんて言葉、ひとつも出してませんがな。しかも性機能で悩んでいる人はこのブログ読まないと思うけど。まあ多分このコメント送ってきたひとも日本語わからずに適当にあたりかまわず送りまくってるんだろうなあ…。

 

 

まあ削除しちゃったけどね。

 

 

以上、泉 皐月でした。

 

 

 

 

『改めて』はてなブログproに移行しました。

こんにちは、泉 皐月です。

 

 

先日『はてなブログproに移行しました』というお知らせ記事を更新したのですが、今日になってこの記事を直そうと思い、パソコンで作業しようとしたら色々と不具合が生じまして…。まあおそらく原因は作業中に始動したwindowsの更新プログラムアシスタントではないかと…。

それとやっぱ微妙だったのでもう一度直そうと思い、削除しました。

 

 

それでは改めまして…。

 

 

この度、当ブログは無料版から有料版の『はてなブログpro』に移行しました。またタイトルも『あやふや日記』に変更しました。

 

 

何で『あやふや日記』なんてタイトルにしたのかというと、まあ色々と候補はあったんですね、それで迷ってる内にこの「あやふや」という言葉が浮かんできまして、「これだ!」と思い、ようやく決めました。

 

 

これか色々と手直ししなくては…。デザイン等もそうですが、過去の記事も今読み返すと恥かしいものもあるので…。

 

 

以上、泉 皐月でした。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

amazonを名乗る詐欺メールがきた

こんにちは、泉 皐月です。



我がスマホにこんなメッセージが送信されてきました。



"総合情報サイト利用料の未納が発生しています。本日ご連絡なき場合は法的措置に移行致します。

Amz受付センター

06ーX X X XーX X X X"



…何じゃこりゃあああ⁈



…な気分で「amazon 総合情報サイト 未納」で調べたら、やはり詐欺の手口でした。誰彼構わず送りつけてるようです。ふざけやがって‼︎



全く心当たりがないので連絡しませんでした。



こんなメールが来ても、心当たりがなければ絶対に応じてはいけません!100%詐欺です‼︎‼︎‼︎



もし不安な方はアマゾンカスタマーセンターに問い合わせるか、国民消費者センターに問い合わせましょう。



以上、泉 皐月でした。







とんでもなく悲しくなる発言→「鬱病ってなっても仕方ない人と甘えでなった人の2種類だよね」

こんにちは、泉皐月です。



たまたま身内で鬱病に関しての会話がありまして。

その会話の中でこんな発言がありました。



鬱病ってなっても仕方ない人と甘えでなった人の2種類いるよね」



えっ…………⁈

ちょっと待て。



鬱病は決して甘えではない」って何度も何十度も何百度も何千度も言われているのに、未だにこんな考えをする人がいるとは…。



残念を通り越して悲しくなった。



鬱病になるのはいじめや仕事(長時間労働パワハラやセクハラ、モラハラ等)のひどい出来事だけではなく、結婚、出産、就職等の喜ばしい出来事でも発症する場合もあります。



そういう事情も省みないで「なっても仕方ない人」と「甘えでなった人」の2種類に分けるなんて乱暴だ。



「甘えでなった」なんて時代遅れの根性主義も甚だしい。どんな人でもなる可能性がある病気なんです。



もし自分が鬱病になった時「甘えでなる人もいるよね」などと言われたらどう思いますか?「そうだよね」なんて答えられますか?



「甘えでなる人もいる」と言う人はもし自分がなったら…と想像力を持った方がいいです。



以上、泉 皐月でした。



それでは、また。

NH Kスペシャル 〜未解決事件「赤報隊」その2

本日はドキュメンタリー編。


昨日と同じような感想になってしまいますが、本当にこの事件は恐ろしい。



脅迫や武器で相手の主張を脅かし、テロを遂行することを厭わない。暴力で自分の主義主張を全体に押し付けようとする。相手が拒否すれば何の躊躇もなく殺すー…



こんな卑怯なことは絶対許せない。



この事件を正当化することは断じてあってはならない。「赤報隊の行為は評価に値する」などと一部の人間が支持しているが、普通の神経ならばこんな人殺しを評価できない、支持できない、したくない。



言論には言論で。憲法言論の自由は保証されています(当時の首相、中曽根康弘の言)






NH Kスペシャル〜未解決事件「赤報隊」を見て。

「言論には言論で闘うべきだ!!」



ドラマの中ででてきたセリフです。



全くその通りです!自分の気に入らない主張だからといって暴力で潰そうということは断じて許されません。暴力や脅しで相手の主張を捻じ曲げるなんて、民主主義社会ではあってはならないこと。いかなる理由があってもテロなど許されない(劇中の中に「優しいテロと優しくないテロがある」というセリフがありました。意味不明な論理ですね。右翼を演じた村田雄吉の台詞です)



最近でも維新の議員、足立康史の「朝日新聞、死ね」や百田尚樹の「朝日の社長を半殺しにする」といった恐ろしいツイートもありました。百田にいたっては「朝日の読者は日本の敵だ」と、とんでもない敵認定までしやがりました。何なの、この人。



言論の自由は守られなくてはならない。暴力や脅しに屈することのないように…。